知りたい!メガネの形イロイロ

メガネの情報はここから!

メガネフレーム「ボストン型」の特徴

メガネフレーム「ボストン型」の特徴 「ボストン型」のメガネは、おむすびを逆にした丸い逆三角形のフレームであることが大きな特徴のひとつです。
1950年代にアメリカのボストンで流行ったことから、この名前が付けられました。
クラシックな雰囲気のあるフレームで、カジュアルからスーツのようなビジネスシーンまで、どんなコーディネートにも合う万能なメガネだと言えるでしょう。
若い人だけでなく幅広い年齢層の人にも合うのも魅力点です。
「ウェリントン型」と一見同じように見えますが、ベースとなる形が異なり、ウェリントン型は四角形がベースとなっています。
その為、ウェリントン型は面長顔や丸顔の方が似合うとされています。
一方丸型ベースのボストン型は、逆三角形顔や面長顔やベース顔の方に似合うメガネです。
エラが張っている人ほど、顔をシャープに見せてくれる効果があるので、ベース顔の人におすすだと言えます。
また、レンズの縦幅があるものが多いことから、顔の長さをカバーしてくれるので、面長顔の人にもおすすめです。

レトロで柔らかく洗練された印象のボストン型メガネ

レトロで柔らかく洗練された印象のボストン型メガネ ボストン型メガネは、若い世代を中心に幅広い年齢で高い人気を誇っています。
おにぎりを逆さまにしたような、逆三角形のフレームの形が特徴です。
1950年代にアメリカのボストンで流行したことから、ボストン型と呼ばれるようになりました。
クラシックタイプに分類され、レトロさと都会的な洗練された印象を合わせ持っています。
カジュアルウェアだけでなく、ビジネスシーンでも活用するメガネです。
丸メガネの1種で、顔の印象を柔らかく見せてくれます。
特に似合う顔型は、逆三角顔・ベース顔などのエラがある人や、レンズの縦幅を活かして面長顔です。
また、色や素材の組み合わせによって、多様な雰囲気を演出できるのも魅力でしょう。
メタル素材の顔なじみの良いものは、知的で洗練された雰囲気になり、プラスチック素材で太めのものは、顔のインパクトが強めになります。
メタル素材のフロントにセルのテンプルを組み合わせたものは、ユニークさや個性的な雰囲気を演出することが可能です。

copyright (C) 2020 知りたい!メガネの形イロイロ. All Reserved.